本文へスキップ

奥行き深いホビーの世界にご案内致します

コンセプトconcept ・ LINK 

コンセプト

SAITOは模型動力が無かった時代にスチームエンジンを手がけ、けたたましい音の2ストロークグローエンジンが主流の時代に柔らかい音の4ストロークエンジンを手がけるなど今までに無かった製品をタイムリーにお届けして参りました。エンジン模型は奥行き深いホビーの世界と考え、SAITOの製品を手にした人が、
”良かった”と思える作品を作り続けたいと考えています。


4ストロークエンジンへのこだわり                               

SAITO初代社長、斉藤源は旧中島飛行機のエンジニア出身でした。その技術力を駆使し単気筒4ストロークエンジンの製作を開始し、当初から星形多気筒エンジンの開発を目指していました。しかし、最初の単気筒にも拘りの技術を込め、その高い耐久性や実物譲りのエンジン音がSAITOファンを生み、念願の多気筒エンジンの開発が可能となりました。やはり2ストロークエンジンではあの”音”はとても再現できません。
現在の主力は燃費が良く、特にエンジン音の良いガソリンエンジンとなっております。
もっと詳しく


スチームへのこだわり

SAITO初代社長が最初に製品化したのは、スチームエンジンでした。フィンの付いたガソリンエンジンのようなピストンバルブのエンジンが復興期の日本で 愛されました。その後、現在のD型バルブのスチームエンジンが製品化され、中小企業庁の輸出向優秀商品に選定されました。スチームエンジンは優秀なボイラーがなければその能力を100%発揮できません。SAITOのボイラーは その丈夫な構造に独自開発の十分な火力を誇るバーナーでスチームエンジンの能力を十分発揮させます。バーナーの燃料は入手が楽アルコールで決められた量のアルコールは決まった燃焼時間で火が消え、大切なボイラーを空だきから守ります。
エンジンとボイラーは錆が発生しない、砲金、真鍮鋳物、真鍮そしてステンレスを使用し、十分な耐久性を持っています。
もっと詳しく

リンク  
日頃お世話になっている企業・クラブ様へのリンクです



会社案内へ


株式会社斎藤製作所
〒272-0024
千葉県市川市稲荷木3-22-7
TEL.047-378-4156
FAX.047-378-4155